Calendar

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Affiliate

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

移転しました » http://wp.nefilm.net/cccp/

外装6段の軽快車の7速化について

より新しい情報は こちら にあります。 (2010-08)

外装6段の軽快車の7速化に関する情報。

初心者にとっては作業と調整が面倒だが、シフターにこだわらなければ¥2,000くらいで済んでしまうため金額的にはライトチューンの部類だと思う。

スプロケット

現時点で外装6段の軽快車に使用されているスプロケットはShimanoのMF-TZ06が主流と思われる。(その他に選択肢がないため)
これはマルチプルフリーホイールと呼ばれるタイプのスプロケットでスポーツバイクに使われるカセット式とは互換性がない。カセットに対してボスフリーと呼ばれる事が多い。
現在ラインナップされているマルチプルフリーホイールは以下の通り。

Shimanoマルチプルフリーホイール一覧
型番1234567備考
MF-TZ06141618212428--
MF-TZ0714161820222428-
MF-TZ3714161820222428-
14161820222434メガレンジ
MF-HG50-711131518212428-
11131518212434メガレンジ

リアディレイラー

大抵の軽快車のフレームにはリアディレイラーを直接取り付けるためのネジ穴がない。
このため取り付けブラケットつきのリアディレイラーを使用するか、リアディレイラーアダプターユニットのようなブラケットを用意する必要がある。

外装6段の軽快車に使われるリアディレイラーはShimanoのRD-TY18が一般的だが、これは取り付けブラケットが一体となった6速用の物で、6速用ではあるが7速でも問題なく使用できる。
なおRD-TY18は製造終了したとの情報があり、今後この状況は変わるかも知れない。

また前項の表で備考欄にメガレンジと表記のあるスプロケットは、物理的に干渉してしまうため対応するリアディレイラーでなければ使用できない。
MTB用のリアディレイラーで対応する製品にはその旨が明記されているはず。
ロード用では対応する物はなかったと思う。RD-TY18も対応していない。

シフター

Shimano7速対応のシフター全般の他に、同社8速対応のシフターを流用できる。
但し調整がシビアで変速の精度も7速専用品に比べると劣るため、8速用STIレバーを流用するような場合を除いて積極的に選択する理由はないように思う。

なおSTI化については別にページを設ける予定。

その他

専用工具
スプロケットの交換にマルチプルフリーホイール脱着工具(TL-FW30または同等品)が必要となる。
チェーン
大抵はUGチェーンがついていると思われるが、そのまま7速に流用できる。
もちろんHGチェーンに交換してもよい。
チェーンとフレームの干渉
フレームの形状やハブ軸の幅によっては7速化によってチェーンがフレームと干渉する可能性がある。
その際はワッシャーをハブ軸に挟んで調整する。
当然だが片側だけだとセンターが狂ってしまうため、左右に同じ厚さのワッシャーを挟む。
3mm(左右で6mm)程度ならフレームへの負担は無視できるレベルだと思われる。
シフトインナー(ワイヤー)
流用する場合はアウターから抜く前に先端がほどけないように瞬間接着剤を流し込むかハンダで固めるかしておく。
シフターによってはインナーが付属して来るので同時購入を考えている場合は要確認。

早く次の記事書けボタン » にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造へ

コメント

コメントの投稿

※公開されません
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

http://cabia27.dtiblog.com/tb.php/36-c1d51b5e

トラックバック

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

Profile

  • この自転車の拡大画像を表示

  • Author : Kure
  • 酔狂こそネットの華。ママチャリ改造の世界へようこそ。
  • » はじめての方へ

Monthly

Categories

Advertisements

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約