Calendar

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Affiliate

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

移転しました » http://wp.nefilm.net/cccp/

チェーンオイルの飛散とチェーンケース

「衣服の巻き込み/擦れ防止」「飛散したチェーンオイルの遮断」「雨等の遮断(フルカバータイプのみ)」等々のチェーンケースの機能の内、チェーンオイル飛散対策としての機能について素人なりに考えてみる。

はじめに、この記事の内容は外装変速が前提でありシングルや内装変速の場合は必ずしもこの通りではない。(チェーンテンショナーの有無&可動範囲でチェーンの挙動はかなり変化すると思われる)
従って必然的にチェーンケースはスプロケット周囲とチェーンライン下面が開放されたハーフカバータイプとなる。

ハーフカバーチェーンケース ハーフカバータイプのチェーンケース

衣服の巻き込み防止はチェーンガード等でも概ね代替可能(ロングスカートやブーツカットのジーンズ等は除く)であり、ハーフカバータイプに防水効果を求めるのもお門違いと思われるため、積極的にハーフカバータイプを選択する理由と言えばチェーンオイルの飛散をシャットアウトする効果が主と思われる。果たしてそれは正しい選択なのだろうか。

検証環境

チェーン

Shimano CN-HG40
パッケージ状態で塗布されている錆止めグリスは除去していない。(やろうと思っていて先延ばしになっている作業だが軽快車の主要使用者層を考えると返って現実的な条件かも知れない)

チェーンオイル

KURE スーパーチェーンルブ
ウェット系の高粘度チェーンオイルとしては定番。車体に装着したまま塗布し、塗布後ウェスで軽く余りを拭き取っている。

変速系の構成

フロントシングル 42T / リア7速 14-16-18-20-22-24-28T
変速の衝撃がある分シングルや内装変速の物より飛散しやすいと思われる。

走行距離

塗布後100kmほど走行。

飛散の範囲

チェーンケースに付着したグリス (2007-06-13)

チェーンケース内側に付着したオイルの跡から推測される飛散範囲は以下の画像のようになった。

チェーンオイルの推定飛散範囲

内訳は以下の通りとなる。

  1. 主に「遠心力(慣性)+走行や変速の衝撃」で飛散すると思われる範囲
  2. 主に「慣性+走行や変速による上下動」によって飛散すると思われる範囲

上図は素人の憶測の産物であり、また飛散したオイルがどの程度の高さまで到達するのかも不明だが、少なくともウェットタイプのチェーンオイルを使う限りチェーンケースを使用しなければ靴や靴下、衣服の裾にオイルが飛散する事は避け得ないのは確実と言えそうだ。

ドライタイプでも飛散をゼロに抑える事は事実上不可能なため、ひとまず服装を気にせず使用するにはチェーンケースは必須と結論しておく。

なおドライタイプのチェーンオイルは運用に手間が掛かる事を付け加えておく。(詳しくは各自で調査されたい)

早く次の記事書けボタン » にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造へ

コメント

ママチャリである以上は、チェーンケースは必要ですよね。 ズボンの裾の汚れどころか、下手すると巻き込んで破れたりすることも。
ウチのママチャリ、ご存知のようにこの間クランクセットを交換したのですが、困ったことにチェーンリングとクランクの隙間が極めて薄く、チェーンガードをつける場所がないのです。 だから、ママチャリなのにチェーンむき出し。 他のママチャリを見ると、その隙間はけっこう開いています。
バッシュガード程度でズボンの裾をガードできるとは思えないし、困ったもんです。

チェーンが落ちるとすれば内側なので、見た目さえ気にしなければ外側のチェーンガードを外して――それでも厳しいかな?
当方はロード用ダブルクランクですが、こちらもギヤ板をアウター側につけるとクリアランスが足りません。

色々と無理が出ますが、無い知恵を絞ってそれをどうにかするのも楽しみの一つですね。

このチェーンケースはどこで購入したのですか?
取り扱っているショップなどがありましたら、教えていただけると助かります。

これはBRIDGESTONEの「スニーカーライト用チェーンケース CHC-SCL」という製品です。製造が終了していない限り通販や実店舗(取り寄せになると思います)で入手可能です。
取り寄せの場合はBRIDGESTONEの取り扱いがある街の自転車屋さんにお願いするといいでしょう。スポーツバイクのショップでは扱っていないはずです。

なおこの製品以外にも後付けのチェーンケースはいくつか存在しています。URL欄のサイトを参考にして下さい。

コメントの投稿

※公開されません
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

http://cabia27.dtiblog.com/tb.php/53-8b52aa51

トラックバック

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

Profile

  • この自転車の拡大画像を表示

  • Author : Kure
  • 酔狂こそネットの華。ママチャリ改造の世界へようこそ。
  • » はじめての方へ

Monthly

Categories

Advertisements

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約